活動日誌−活動日誌

【18.07.31】 1週間ほど更新できませんでした。朝日新聞としんぶん赤旗から。

7月23日(月)今日の朝日新聞  (顕宗κ厳殕鵝´◆〜躪脾殻漫。唯錬裡庁腺戞_鮴

 (顕宗κ厳殕
現代日本社会は冷笑主義に陥っていないかーー「真実」は語られず、採決の強行は繰り返された (モリカケ疑惑に対する官僚・安倍首相の答弁と悪法の成立)
白ける有権者 うそが壊す現実、批判むなしく
「伝統的なうそ」(まず正しい現実があることを前提としてそれを隠すこと)と「現代のうそ」(何が現実なのかという基準自体を破壊する)(百木漢)
「横着なうそ」(見る人が見れば分かるのに、まかり通てしまう類のうそ)(五百旗頭薫) 
異論・反論 → 「老害」「悪口ばかり」 若者に対抗勢力(野党)を認めない風潮

◆〜躪脾殻漫。唯錬裡庁腺戞_鮴
NEWS 通常国会が22日閉会した。この国会では森友・加計学園問題に加え、財務省による公文書の改竄やセクハラ問題、防衛省による日報の隠蔽といった問題が相次ぎ、政権の姿勢が問われた。それなのに安倍政権は疑惑の幕引きを急ぎ、重要法案の採決を強行した。政府を監視し、法案の審議を尽くすはずの「言論の府」が危機に陥っている。

安倍首相、説明責任果たさず 関係者の招致も回避
議論尽くせる仕組みを 野党や若手 改革めざす

7月24日(火)今日のしんぶん赤旗 焦点・論点

焦点・論点
国民主権と議会制民主主義を大本からゆるがす安倍首相や官僚の“ウソ”発言
香山リカ(精神科医)
 背景に「独裁者の万能感」
 「ヒュブリス・シンドローム(傲慢症候群)」権力を得た凡人が傲慢になる
藤原辰史(京都大学准教授)
 ナチスの政権掌握に酷似
 安倍首相の“ウソ”は、これまでの政治家の中でも際立って「レベルが低い」ウソではないか。

7月25日(水)今日の朝日新聞 がんの特集について

がん新時代96 がんとともに
治療と仕事の両立  患者と会社 どう向き合う
 独自の制度活用 柔軟な働き方  配慮あれば復職できる人多数 状況伝えサポート引き出す

オピニオン欄  どう思いますか がんとともに
患者取り巻く課題 一緒に考えて
がんと言っても、部位や進行度、治療法によって、経過や副作用、生活や仕事への影響は違います。 「声」欄 引き続き投稿を待つ

7月26日(木)今日の朝日新聞としんぶん赤旗

 論壇時評
豪雨災害を機に  地方政治の単位 見直す時 小熊英二(歴史社会学者)
「グローバルに考え、ローカルに行動する」大きな地方単位は現代の社会に合わない。経済では国境や県境を越えて連携し、政治や行政の単位は小さくする。地域振興や災害対策は、そういう方向をめざしていくべきだ。
 1面
情報公開請求漏洩で金融庁職員の処分検討(官房長官)
週刊文春、週刊新潮 宣伝記事
野田聖子総務大臣 総理大臣の資格はあるのか 金融庁圧力、元暴力団の夫

しんぶん赤旗
1、 水道民営化メリットなし (福岡市 自治体学校) 尾林芳匡 弁護士
2、 野田総務大臣に漏洩 情報公開の根幹を揺るがす 穀田国対委員長究明要求

7月27日(金)今日の朝日新聞と7月29日号 しんぶん赤旗 日曜版

 池上彰の新聞ななめ読み
加計学園問題の柳瀬氏の退任 「通常の人事」裏側は
役所の発表する人事異動を記者がどう記事にするのか(朝日、毎日、読売、日経)
朝日 世代交代、加計問題解明遠のく、毎日 トカゲのしっぽ切り野党は批判、読売 小さな記事 柳瀬氏後任に寺沢氏、日経 加計問題は全く関係ない、人事に影響はない、就任から1年で退任は早すぎる
疑問点を、記者会見で徹底究明してほしいものです。

米国の「核の傘」と日本 2氏に聞く
元国連大使 佐藤行雄 同盟の抑止力 具体化が課題
元外相   岡田克也 北東アジアの非核化 主導を

7月29日号 しんぶん赤旗 日曜版
元首相 鳩山友紀夫 どうみる米朝首脳会談
いまこそ平和の共同体を 重なり合う私と共産党の構想
日米安保の思考停止脱却を
変えるには選挙。野党共闘しかない
建設的な共通政策練り上げてほしい

7月28日(土)今日のしんぶん赤旗 テレビ・ラジオが余り伝えない沖縄の記事と朝日新聞

7月28日(土)今日のしんぶん赤旗
1面
翁長沖縄知事 辺野古承認(埋め立て)撤回へ
“新基地は平和の流れに逆行”土砂投入阻止へ近く聴聞
知事の英断を断固指示 小池書記局長
知事支え新基地阻む オール沖縄会議が緊急県民集会
2面
主張 辺野古承認の撤回 沖縄の未来開く大義ある決断
翁長知事の冒頭発言 新基地建設の政府姿勢、容認できない
3面
翁長知事 圧倒的民意に沿った「撤回」表明
辺野古埋め立て承認 環境保全せず工事強行、不都合な事実隠す、県民・国民一丸となり
国のあり方の根本問う、新基地建設公共性なし
15面
辺野古承認撤回表明に歓喜 ゲート前「絶対あきらめない」
撤回表明を歓迎 安保破棄中央実行委員会・日本平和委員会

朝日新聞
1面
辺野古承認撤回 来月に
翁長知事 防衛局から聴聞へ 国、執行停止申し立て方針
2面
時時刻刻 撤回 尾長氏の切り札
辺野古土砂投入迫り表明「私の責任。勇気振り絞る」 政権は強気知事選へ着々
視点 悲痛な叫び 政府はもっと真摯に
10面
社説 辺野古工事 目にあまる政府の背信
29面
翁長知事「看過できない」 辺野古撤回 再び法廷闘争へ
県民 期待も諦めも

7月29日(日)今日の朝日新聞

 社説 わたしたちの現在地 深まる危機に目を凝らす
(書き出し)うその答弁に文書の改竄、言いのがれ、開き直りーー。民主主義をなり立たせる最低限のルールも倫理もない、異常な国会が幕を閉じて1週間になる。
忠誠が生み出す罪悪 奇っ怪な記録と記憶 手遅れになる前に

フォーラム がんとともに がんとうまく付き合う ざ生社会
職場や周囲の理解 重要  多様な働き方ができる社会に 
患者や企業の実例共有(がんアライ部)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
以前の活動日誌はこちらからご覧いただけます
RSSフィード(更新情報)