活動日誌−活動日誌

【18.02.09】 今日(9日)の全協の内容

来年度(平成30年度)の予算方針、市長より、あいかわらずの話

1、市長より、来年度(平成30年度)の予算方針
人口減少の中、未来への投資をする。行財政改革、財政の健全化を進める。
成長し続けるまちに
予算編成、交付税が減らされていく中、10億円減の縮小予算に。繰越、財政基金からの持ち出しを控える。
投資は11のプロジェクトの推進
病院の開院と改修・解体、駅前に自由通路等で賑わいと交流、地域創造プロジェクトの推進、新しい福祉(福祉ビレッジ構想) 等々いつもと変わりない。

2、総務部長より提出議案聴取(提出議案は、58議案と報告1つ)
来年度(平成30年度)一般会計予算をはじめとする特別会計(7)・企業会計(2)予算10議案、今年度全ての会計の補正予算10議案、条例の制定7議案、条例の廃止3議案、条例の一部改正26議案、その他2議案です。
【条例の制定】,泙舛鼎り応援基金条例、地域福祉計画策定委員会条例、B神ぢ絛生型施設整備事業実施事業者選定委員会条例、せ慊蟲鐶隹雜郢抉臈の事業の人数及び運営に関する基準を定める条例、チ躪臚段牟莪菲‖茖横馨鯊茖厩爐竜定に基づく準則を定める条例、γ楼莊从儻0事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律第9条第1項の規定に基づく準則を定める条例、Х名駅周辺複合施設等整備事業者選定委員会条例。
【条例の廃止】〇毀映星狆鯲磧↓⊂霾鷂鯲施設(又木茶屋)条例、D硬臘教育施設基金設置条例。
【条例の一部改正】〇毀渦餞枉鯲磧↓印鑑条例、職員定数条例、ぐ儖会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例、タΠ給与条例、職員退職手当支給条例、Ч駝鰻鮃保険税条例、┝蠖料条例、後期高齢者医療に関する条例、学童保育所条例、保健センター条例、介護保険条例、指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例、指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例、庵楼菠餝膸抉腑札鵐拭爾凌Π及び運営に関する基準を定める条例、映清判戸酣喊綵萢施設条例、牡覿氾誘致促進条例、嚇垰垳園条例、柑埀鎮鷦崗貍鯲磧21消防団員等公務災害補償条例、22消防手数料条例、23就学支援委員会条例、24スポーツ推進審議会条例、25体育施設条例、26地方独立行政法人桑名市総合医療センター評価委員会条例
【その他】〇慊蟠睛撒ヾ悗了慊蝓↓特定事務を取り扱わせる郵便局の指定。
報告は文化・スポーツ振興公社からの経営状況の書類提出1件です。

3、財政課長より主な事業の説明(略)
詳細は、22日23日の予算特別委員会の全体会で、関連部署からあります。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
以前の活動日誌はこちらからご覧いただけます
RSSフィード(更新情報)