活動日誌−星野公平ニュース

【17.02.13】 星野公平ニュースの号外を発行

三八の市で、いつもの人に配ってきました。

日本共産党桑名市議団 星野公平ニュース
号外   2017年   2 月 13 日

桑名市議会

3月議会は、来週の2月23日(木)から始まりますが、予算特別委員会の全体会は、2月17日(金)から始まります。(予算案の説明だけ)

先週、2月6日(月)、全員協議会が開かれました。
提出予定の議案(76議案と報告4つ)がわかりました。76議案中、37議案(半分近く)が使用料・手数料の見直しの条例の一部改正です。
予算議会と言うより、値上げ議会です。

使用料・手数料の値上げ

「使用料および手数料の見直しに係る基本指針」(2017.1.23)を公表しました。
この指針を、議会が承認した訳ではありません。内容は、原価計算方式を導入し、市民の負担割合を明確化したものです。
使用料 平均135%値上げ、最大300%、無料から有料化(総合運動公園サッカー場サブ、デイキャンプ場、星川公園運動広場、博物館入館料、学校校庭)、有料から無料に(教育集会所施設使用料)
手数料 平均149%値上げ 

・閉鎖する施設 多度・長島の市民農園、桑名駅西・益生駅の無料駐輪場
・見直し    又木茶屋の運営形態(カフェは廃止)
・売却を検討  駅前複合施設「サンファーレ」(駐車場を含む)、末広駐車場

気になるのは、
住民票などの交付が、役所だと300円に、コンビニだと200円のままです(マイナンバー制度の普及のためか)。
博物館の通常入館料が無料から300円の有料に。
総合福祉会館、桑名福祉センター、多度すこやかセンター、長島福祉健康センターの浴室使用料が100円から300円に(3倍返しに)。
幼稚園利用者負担額が所得に応じて段階的に5,500円から17,700円に。

それと、上下水道料金の値上げです。
週末(11日、12日)には、上下水道事業の「経営」・「料金」に関する説明会が市内3ヶ所で行われましたが、全体で40人に満たない状況でした。1時間弱の説明では、理解できない内容でした。

上下水道料金 1ヶ月10㎥使用 水道 167% 下水道122%値上げ
     1ヶ月20㎥使用 水道 134% 下水道121%値上げ
     1ヶ月30㎥使用 水道 126% 下水道121%値上げ

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
以前の活動日誌はこちらからご覧いただけます
RSSフィード(更新情報)